中国版ニコニコ動画がサービス停止に

Pocket

中国のニコニコ動画とも言われている超人気動画サイト、ビリビリ動画(中国名;哔哩哔哩,bilibili,B站など)設立のきっかけを作ったAcFun弾幕視頻網(以下AcFun)がサービス停止に陥っている。

2007年~2010年代初頭にかけて大量のユーザーを取り込んでいたAcFunだが、最近では中国の新興メディアの攻勢に苦境に立たされていた。

 

AcFunは公式ウェイボー(微博)に2月2日付で「まだ五百年生きたかった!(原文:我想再活五百年!)」というメッセージ残し更新を途絶えさせた。このメッセージには3 万6千以上のAcFunのサービス停止を惜しむコメントが寄せられている。

111

 

中国のネットニュースによると、2017年の9月頃から従業員への賃金未払いが発生し、サービス停止直前までに多くの従業員が会社を去り、サイト運営に影響を与えていたと報じられていた。元従業員からは「2か月前に既にサービス業務とコンテンツの版権を買う資金が尽きていた」との発言が出ていた。

2007年に設立されたAcFunは多くのアニメを転載するばかりでなく中国初のコメント機能(弾幕)を設けた動画共有サイトとして中国人ヲタクの支持を集めた。だが、動画へのアクセスが不安定になるネットワーク障害が慢性的にあり、その解決策として当時AcFunの会員だった徐逸氏が同じように弾幕付きの動画共有サイトを構築した。そのサイトは2010年「ビリビリ」と名付けられ、やがて巨大企業へと成長していった。

ビリビリ動画はユーザーのニーズに合ったデザインと機能を追求し改善を繰り返してヲタクから徐々に人気を獲得。積極的に日本アニメの正規ライセンスを取得し公式配信を行い、ユーザー数を増加させ、主催する大規模なベントに日本の声優、アイドルを出演させ自社ブランドを確立させていった。

その一方で、AcFunはコンテンツの版権購入が後手に回った。サイト内には海賊版動画が多く残存していた。中国の大手ネットメディアがコンテンツの版権を重視し、ユーザー側もそれを支持してきた。その潮流に乗り遅れていた感がある。

AcFunが資金調達先を探して大手企業にコンタクトを取っていたというウワサも飛び交っていたが、大口の資本を得られないままサーバー費用を支払えなかったとみられている。

現時点では、AcFunからサービス停止の理由も、再開の可能性についての発表も出されていない。このまま幕引きとなるのか、二次元のヒーローのように絶体絶命のピンチを乗り越え奇跡の復活を遂げるのか、進展が注目されている。

*AcFunはAnime Comic Funの略

Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply